読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金で買ったもの日記+α

世の中はお金でできている

年末はコミックの新刊が多いのよ(半分うれしい悲鳴)

どんどこ新刊が出るので財布はみるみるかるーくなる。はたして無事に年を越せるのか! 

「ふしぎの国のバード」【佐々 大河・著】の三巻は、新キャラも出てきてますます楽しい。バードの本を読んでみようかしら。伊藤鶴吉のことも気になって調べてみたら、あんまり本が出ていないのですね。どこかの出版社さんが出せば良いとおもいます。

「さよならの生涯」【内田 実・著】は、世界観が好き。こういった短編マンガがもっと出てくると良いよね。買ったひとの本棚と書店の棚に長く残ってほしい一冊です。

「人生はいつもちぐはぐ」【鷲田 清一・著】は、マンガではなく文庫。時々鷲田先生の本を読むのですが、教わることが多く、グサリとくることがある。ボディにくる文章があるのは良いことだ。

七つの大罪」【鈴木 央・著】の最新刊を読む。ますます面白い。敵とのパワーバランスがシーソーみたいでハラハラしますね。けどそのバランスは悪くないです。